精華町企業立地のご案内 精華町
精華町について 精華町について
立地メリット 立地メリット
施設用地図 施設用地
企業立地支援策 企業立地支援策
けいはんな新産業創出・交流センター けいはんな新産業創出・交流センター
交流センター通信 交流センター通信
立地企業等 立地企業等
アクセスマップ アクセスマップ
お問い合わせ お問い合わせ
トップに戻る 精華町トップへ
精華町について
「学研都市としての精華町」は「21世紀のパイロットモデル都市」として、新産業の創出をめざし、研究開発からものづくり、そして、地域での社会的実証実験に至る、トータルなネットワーク化に努めています。
パイロットモデル都市としての精華町
  1. 学研都市の中心地として国や民間の先端技術に関する研究開発施設が集積しています。
  2. 研究開発成果を新しい産業創出へとつなげる支援機能が充実しています。(けいはんな新産業創出・交流センターや京都府のインキュベートルームなど)
  3. 学研施設用地において、研究成果の活用や既存の研究開発施設への支援なども担う、研究開発型産業施設=「研究開発重視企業」と呼ばれるものづくり企業の誘致を進めています。
  4. 社会的実証実験風土が形成されており、評価検証への参画意欲に旺盛な地域住民の協力を得て、特にIT系の実証実験が盛んに行われています。
パイロットモデル都市としての精華町
新産業創出都市
学研都市には新産業創出のための豊かな土壌があります。地域内には3つの大学が立地し、とりわけ精華町内にはATR等の研究機関や国立国会図書館関西館や私のしごと館といった公的な機関が多数立地しています。また、中心にはけいはんなプラザが立地し、企業活動のインフラとして活用することが可能です。
産・学・官の知識を集結し社会的ニーズに適合した産業技術開発の推進を図るため、立地諸施設の相互触発、交流による産業技術の高度化を図ることとし、産・学・官連携による共同プロジェクトを推進しています。また、けいはんな新産業創出・交流センターと連携しベンチャー型新産業創出活動のモデルとなる取り組みを進めるとともに、研究成果を活かす産業の立地誘導を進めています。
(株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 国立国会図書館関西館 けいはんなプラザ NTT西日本京阪奈ビル
(株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 国立国会図書館関西館 けいはんなプラザ NTT西日本京阪奈ビル
松下電器産業(株)先端技術研究所 独立行政法人情報通信研究機構けいはんな情報通信融合研究センター 京セラ(株)中央研究所 (株)CSK大川センター
松下電器産業(株)先端技術研究所 独立行政法人情報通信研究機構けいはんな情報通信融合研究センター 京セラ(株)中央研究所 (株)CSK大川センター
(株)島津製作所・基盤技術研究所(けいはんな)
(株)島津製作所・基盤技術研究所(けいはんな)
このページのトップへ戻る